2007年12月19日

銃乱射事件とか。

今日になって、亡くなったインストラクターの女性への失恋が原因じゃないか、とかいう説が出てきました。

なんでも、ストーカーまがいの行為を繰り返していたそうで・・・・

だからって殺して良いはずも無いのですが‥‥‥まあ、「失恋相手に、一時的に悪い感情を抱く。」という事自体は、私にも経験があるので、まあ分からなくもないです。

もちろん、相手に「不幸になれ」と思ってしまうようなレベルの感情を抱いたことは無いので、殺す気持ちまでは分からないです。

まあ、この容疑者(37歳)にとって、これが初恋だったんじゃないか? とかいう話まであるぐらいですから、きっとすごいショックだったのでしょう。(しかも下手にトシを取ってるので、微妙に偏屈になってたのだと思います。)

---------------------

私も、自分の日記に、(2人分ほど)そういう愚痴っぽい感情を書いた事があります。

でもそれは、「言いたいこと」「無性に伝えたくなったこと」を書いてるだけなので、やはり、今回の容疑者のような、相手の生命を奪うような感情とは違います。
(まあ、その「言いたいこと」の中には、相手を多少傷つけるかもしれない物もありましたが。)

---------------------

とまあ、そんな事は置いといて。

今回の事件には、容疑者の色んな感情が窺い知れます。
スポーツクラブという場所に殺したい人間を集めて、銃乱射。という派手なシチュエーションを企画している事から、けっこうそういう物語を好む人間なんだなという事が分かります。
きっと、世間を騒がせたい欲望もあったのでしょう。

あと、軍事マニアならおそらく憧れる(と思われる)、「作戦」というシチュエーションに酔いたいという気持ちもあったのでしょう。

被害者への「恨み」なんてのは、ただの「理由づけ」に過ぎないんじゃないかなと個人的には思います。
「復讐」という名目を盾に、心のどこかで抱いていた「願望」を実現させてしまった。‥‥‥それだけだと思います。

なんて事を書いたら、被害者の方が浮かばれないかもしれませんが、まあ、個人的にはそんな気がしました。

-------------------------

あと、最後に自殺をした理由。これは、2つほど予想できます。
1つ目は、「最初からそういうシナリオだった。」パターン。
2つ目が、「行為を終えて我に返った。」パターン。

性心理学的には、2つ目の説のほうが、しっくり来ます。
自分の立てた計画を遂行し、エクスタシーに達したその瞬間、容疑者は我に返り、あの世へと逃げたのです。

でも、1つ目もあり得る話です。(というか、よっぽど無計画な人間でない限り、あんな事件の後に逃げる事などできない、という事は分かると思いますので、最初から死ぬつもりだったような気がしてきました。)

--------------------------

などとまあ、個人的な予想を、勝手にしてみました。
ちなみに私は、(こんな文章を書いてはいますが)他人を殺すと、その人の親・友人・恋人が悲しむ事ぐらいは分かりますので、実際に及ぶことはないと思っています。
‥‥というか、ポーカーフェイスが苦手な人間なので、たぶんする前に職務質問されますw

ではでは。
posted by TCT at 23:11| Comment(0) | 日記

2007年12月11日

ネトゲでの或るトラブル。

まあ私は直接的な関係者じゃないので、被害とかは無いのですが。
色々愚痴とか聞かさせてもらった身としては、やっぱり気になるところです。

とはいえ、私が口を出して良いような問題ではないので、ここに書いておく次第です。

私のやってるネトゲには、それ専用のSNS(mixiみたいなもの)があるのですが、そこの一部のフレンド関係で、まあ、揉めてるようです。

続きを読む
posted by TCT at 23:33| Comment(0) | ネトゲなこと

2007年12月03日

危機。

今の生活は、たぶん長く続かない‥‥そんな気がします。

別に、仕事が合ってないとか、そういうのではないはずです。
まあ、プログラマの仕事にも色々あって、僕の苦手なタイプの仕事が来たりすることもあります。
でも、この仕事を選んだのは自分なわけですから、(本来であれば)工夫してなんとかすべきなのだと思います。

問題は、それに立ち向かうべき僕が、日に日に壊れつつあるという事、なのです。

--------------------------------------------

まあ、元々自分が変わり者なのは自覚していましたが。
最近なんとなく、それがひどくなりつつあるなと、感じています。

年を取った所為なのか、それとも何かによって壊れてしまったのかは分かりませんが。
ただ1つ言えることは、「このままじゃヤバい」ということです。

周りの目とかもありますからね。

--------------------------------------------

もちろん、今の状態を直すのが先決なのですが、来るべき日に向けて、何らかの準備も要るかなと、思っていたりもします。
まあ、ロクな方法は思いつきませんが、何もしないよりはマシだと思います。

一応、周りの目に慣れて、しぶとく(白い目の中で)生き続けるという手もありますけど、まあ、それは楽しくないですし。それをやるとそのうち、壊れるかもしれないので、あまり良い方法じゃないと思います。
(たぶん極限まで行ったら、もう周りなんかどうでもいいや〜とかいう気持ちになる可能性だってありますし。(←ニュースでお馴染みの動機です。))

まあ、直せれば一番良いのですが、たぶんPCに向かいっぱなしの今じゃ、厳しいかもしれないです。

実家にでも帰りますかね‥‥‥あちらも最近不穏ですが。でも不穏なぐらいのほうが、ボケずに済むのかもしれません。

--------------------------------------------

あと、最近(というかけっこう前からですが)やたらと眠いです。

6時間は睡眠を取っているはずなのですが、たぶん足りていないのでしょう。
でも、それ以上睡眠を取るとなると、今度は帰ってしばらくしてすぐ寝るという事になってしまいますし、0時より前に寝ると、色々楽しいことを逃してしまうような気がします。
たぶん体質なのでしょう。(ナルコレプシーとか睡眠時無呼吸症候群という可能性もありますが、今のところそれは考えないようにしています。)

あと気をつけないといけないのは‥‥‥あれですね、今ハヤリの病気(朝青龍がかかったというアレとか)にならないように‥‥‥って所でしょうか。
うちの職場でも1人かかって自宅療養中ですが、かかったらたぶん、えらいことになります。(というか、治すのが大変だというのは、とてもよく知ってるつもりです。)

頑張りすぎても良くないそうなのですが、まあ、早々と屈するのもアレですので。
まあ、私の場合、妙に変なリクツを付けて納得させてしまうような所がありますので、当分は大丈夫でしょう。(とか言ってる人が一番危ない‥‥らしいのですが、まあ今のところは本当に、そういう自覚症状は出てないです。)

--------------------------------------------

そんなわけで、現状を書いてみました。
ではでは。
posted by TCT at 22:09| Comment(0) | 日記

2007年11月19日

峠を過ぎたかな

といっても病状とかの、悪い峠じゃないです、良いほうの波の峠のことです。

ま、あんな奇跡のような事が人生で2回も起こるとは考えにくいですので、期待はしてません。
とはいえ、自分から動き出したいと思うようなのも無いので、ただひたすら怠惰に生きつつあります。

前のときは人狼で治して、今回は某動画で治ってそうな感じなのですが。
何かに集中する事って、大事だと思います。でも、それだけじゃ駄目なわけで。

とりあえず、退化だけはしないようにしたいと駄目だなと思います。
でないと、本当に峠を越えたことになってしまいますので。(あとは下るだけってのは、人間的な意味でオワりですので。)

まあ、その前に、目の疲れをどうにかして、風邪も治さなきゃ駄目ですかね。あとは今与えられている退屈な仕事をどうにかしたいところですが‥‥

ではでは。(いつも以上に弱音な文ですまないです。ま、そういうのしか書かない場所が、ここなんですけど。)

--------------------------------------
追伸:次に日記を書いたら、あの追伸が流れてしまいますね・・・なぜ残しときたい気分なのかは知りませんが。
posted by TCT at 22:57| Comment(0) | 日記

2007年10月05日

望む将来。

ものすごく普通の家族生活と、ひたすら作品をリリースし続けるクリエイター生活。

どっちもやりたいけど、たぶん両方同時にはできないし、両方ともできない可能性も多分にある。

でも、少なくともどちらかは、したい。


------------------
以上、ただの夢物語でした。
posted by TCT at 23:35| Comment(0) | 日記

2007年08月07日

嫌誤解厨。

誤解されたままの状態が、とてつもなく嫌だから、また色々とウダウダと書きたくなる。

間違った認識がそのまま永遠に変わらないのが、人一倍嫌だ。
だから、誤解を無理に解こうとして、失敗する。

そういうことが、何百回。

‥‥我ながら悪いクセだと思う。
ほっとけばいいハズなのに、無理に正さなくてもいいはずなのに、なぜか我慢できない。

我慢したらしたで、引きずる。

‥‥ほんとにヤな性格だと思う。
何度か、この性格のお陰で、プラスになった事があったかもしれないけど、基本的にこれは、悪いクセだと思う。

で、それに気付くのが、事件を起こした数日後や数ヵ月後、もしくは数年後だったりして。

これもまた嫌なクセなのかもしれない。
posted by TCT at 21:42| Comment(0) | 日記

2007年08月02日

文字通り、死ぬほど好き。

悩みすぎて頭に血が登って死にそうになるぐらいの恋で死ぬことができたら、それって幸せな最期って言うのだろうか?

ふとそんな事を思いました。

あ、別に今、そういう恋がしたいと言うわけではないので念のため。
数ヶ月前の実体験を思い出しただけです。
posted by TCT at 22:31| Comment(0) | 日記

2007年07月10日

年取ってきてるのかも。

最近いろいろと心の余裕がなくなってきてるような気がします。
色んな事が妙に気になってくるというか、気が少しばかり短くなってきてるというか。

もっと謙虚であるべきだとは思っているのですが、謙虚と自信は正反対。でもってどっちも必要なもの。

下手に他人を傷つけるぐらいなら、卑屈になってたほうがマシなのだろうけど、最近どうも、そううまくいかないです。

まあこういうのは、年のせいだと諦めてたら、全然先に進まないので、どうにか意識して直さなきゃいけないんですよね。
‥‥本当の意味の若返りってのは、心の中から始める物なのかもしれないです。

ではでは。

追伸:あとは目かな。こっちのほうも相変わらずどころか微妙に悪化してるっぽいです。どうすれば治るのやら‥‥
posted by TCT at 07:42| Comment(0) | 日記

2007年06月30日

ネトゲ人格破綻気味

最近、ようやく体調等が落ち着いてきたので、ぼちぼち復帰しています。
で、久々にキャラを演じてみると、色々と違和感が出てきたりするわけです。

一応、普段上司に使ってるような「丁寧な言葉遣い」をしているだけのキャラなのですが、今いる集団で、丁寧な言葉遣いの必要性があんまり無くなってきたので、少しずつ違和感とかが出てきたわけです。
(それ以前に性別自体も演じてたりしますからね‥‥公表はしてますけど。)

そろそろ路線を変えるべきなのか、どうにかして今のキャラを続けていくのか、少し迷い気味です。
posted by TCT at 09:49| Comment(0) | ネトゲなこと

2007年06月27日

未だに。

悪い夢のように思い出すことがある。
胃腸炎なんかになってしまったのも、これが原因なのだろうか。

「あれ」の原因はもう、はっきりしてる。
ちょっとした温度差と、ちょっとした行き違いが、こじれて取り返しが付かなくなってしまっただけ。
それを、文字だけのやり取りで解決しようとしたものだから、余計こじれちゃったのだと思う。

それに早く気付いてればどうにかなってたのかなと思うと、やはり少し悔しくもある。
それを日記にウダウダ書くのに抵抗があったから、今の僕は、いわゆるロバミミ状態になってるのかもしれない。
(で、こういう事を話す相手もいないので、書くしかないのである。)

---------------------

僕にだって、大切にしきれてなかったふしもあるし、趣味に取り憑かれていたのもある。
(趣味の時間も一緒に居る時間も、どっちも楽しいのだけど、どちらかを手放す気にはならなかった、ってのがある。)

それであの時、相手はあんなひどい態度を取ってきたのだろうけど、僕だって色々あって怒っていた。
僕に散々要求してきた事を、相手のほうが守っていなかった、ってのが一番大きかったと思う。

どっちも被害者意識満タンの状態で喧嘩したわけだから、そりゃ「あんた何様よ」って話にもなると思う。
まあ、向こうの、全く持って自分の非を認めない態度にも、未だカチンときてるわけだけど。
(何の理由もなしに「勝手に」怒るなんて、あり得ないのだから。‥‥あのとき僕は、ちゃんと理由があって怒っていた。あれ以上こじらせたくなくて、強く言えなかったけど。)

ただ、僕は謝った。相手は終始、謝らなかった。
謝った事が伝わってないだけなのかもしれないけど。

----------------------

あと大きかったのは‥‥言葉の行き違いだと思う。

お互い、コミュニケーション能力に乏しい者同士だから、絶対あちこちに誤解やらカン違いがあったと思う。
自分に極端に都合の悪い解釈をしたり、逆に都合の良い解釈になってしまったり。

誤解なんてのは、させる方にもする方にも非がある物だから、こんな事で怒るのは正直、不毛でしかないのだが、誤解でこじれる事は多々ある。
人間関係でも仕事でも、誤解が原因でこじれることは多い。

----------------------

相性はけっこう良かったと思う。
気は合うし、話の内容も似通ってるし、妙に意地っ張りな所とかも、今になって考えると、似てたと思う。
それでもうまくいかなかったんだから、相性だけでうまくいくわけじゃ、ないのかもしれない。

実際、こっちはあの時点で胃やら頭をやられてたし、向こうも頭痛がするほど追い詰められてたようだし。

環境やら運やら、本人たちの努力やら、色々あるんだろうけど。

‥‥うまく、いかないね。(某先輩の某小説の一節より)

の一言に尽きると思う。
努力のしすぎは負担になるし、かといって努力を怠るとこうなる。
相手に負担をかけないように気遣うと、相手の努力を怠らせることになるし、相手を努力させると相手の負担になる。

とかく人間というものは、矛盾だらけである。
ではでは。
posted by TCT at 05:45| Comment(0) | 日記