2008年09月16日

倒れたくはないけど。

最近、たまに心臓の辺りが痛くなります。
特に、失敗したときとか、その後の反省している時とかに痛くなります。

‥‥原因がストレスなのは確実だと思います。

まあ、まさかこの歳で心臓発作とかは無いと思いますが、でも、痛みの感覚的に、やばいかもしれません。
恐くなって呼吸を何回かしてもマシにはなりませんでしたが、しばらくすると落ち着いてきました。

ちなみに最近ずっと下痢やら頭痛やらが続いています。
‥‥さすがに長いこと続くと慣れてきたので、今はそんなに気にしていませんが‥‥‥‥というか、そんな程度で休めないぐらい忙しいのですが。

‥‥まあ、忙しい原因は、ある程度分かっています。
電話対応が多くてメインの仕事が進まなかったり、急に過去に作ったシステムで何かが起こって、その対応で時間が取られたり、単純に気分がだるかったりとか‥‥‥そして仕事自体もそんなに少なくないわけで。

しかも、今の常駐先には、ソースコードが100MBをゆうに超えるようなシステムが動いている上に、そのシステムをよくしっている人はそんなに居ません。全部知ってる人はたぶん1人もいないでしょう。
そんなシステムをメンテしたり、さらには新しいお客さんに対応するために新規開発をしたり‥‥といったことをやっているのです。

で、知らないことは調べなければなりません。詳しい人に聞けば分かりますが、聞いてばっかりというわけにもいきませんし、その人がいない時は、周りの誰に聞いても分からないとかいう事もあり得ます。

というか、そもそも100MB以上にのぼるソースコードの仕様書が、ほとんどと言っていいほど存在しないという時点で、泥沼なのですが。

だから、もう経験がモノを言う職場です。経験していない事は分かりません。
で、もしその「分からないこと」にぶち当たったら、いちいちソースを読んだり、データを抜いてきて調べたりしないといけないのです。

--------------------

なんだか愚痴に近い事(というか愚痴そのものか‥‥)ばかり書きましたが‥‥
まあ、そういう事です。

これでマシになったら良いのですが。

‥‥‥というか、今の仕事、あんまり向いてないのかも。
ではでは。

【23:42追伸】
‥‥とか書いてて、ふと熱をはかったら38度ほどありました。
どうやらただの風邪だったようです。
まあ、それでも明日は休めないのですが。

あと、ネイティブフェイス最高です。
ではでは。
posted by TCT at 23:36| Comment(0) | 日記

2008年08月31日

無気力。

買い物に行く気力も無ければ、食事を作ったり、掃除をする気力もありません。
食事を食べに行く気力すら湧いてきません。
ネットで人と関わる気力さえ湧いてこない状態です。

‥‥やばいです。
posted by TCT at 01:04| Comment(0) | 日記

2008年08月19日

老化中。

老化というか、壊れてきてるというか。

トシを取ると、だんだんワガママになってくるとか言いますが、なんとなく自分もそうなってきているような気がして、少し自己嫌悪に苛まされています。

なんというか、前にも増して気を配れなくなってきているというか。

まあ持病(各種恐怖症)がひどくなってるせいもあると思いますし、忙殺されて心に余裕がなくなってるせいもあると思いますが。
‥‥理由はどうあれ、どうにかしなければならない状態だと思います。

余裕を持つ‥‥‥ってのも微妙な話です。
仕事に追われている上に、自由な時間もそんなに無い状態では、そうは言ってられないのが現実ですし、周りの反応に追い詰められてもいます。

1人で生きることができたら、どんなに楽なことか、と思います。が、そうはいきませんし、そもそも私自身、1人じゃ居られない性格です。
孤独はたまには良いですが、ずっとは無理です。

って、話が微妙にそれてますね‥‥

まあ、とにかく、そうは言っていられない以上、もう少しよく考えてから行動する余裕を持ちたいものです。
まあ、老化とかもあるのでしょうけど、老化を止めたいのなら、なおさら人と接しなければなりません。(脳トレ、って物もありますが、限界がありますしね。)

----------------------

とまあ、とりとめのない独り言でも書いてみました。
しかもそれを公開するという、なんとも奇特な事をしているわけですが。

まあ、そのほうが自分の心に書いたことを留め置くことができるかな‥‥とか考えています。
こうやって書いたことを常に意識していれば、ちょっとは何か変わるんじゃないかな、とか。

まあ、吉と出ない可能性のほうが高いかもしれませんけど。
ではでは。
posted by TCT at 23:06| Comment(0) | 日記

2008年07月17日

ひとこいしく。

もう無理だろうというか放棄していたつもりなのに。
なんとなく、そういう相手が欲しい気分になってしまいました。

こんな気分、明日には消えていれば良いのですが。

-----------------------

出会いがない上に、時間も大事にしたいという、どうしようもない性格のせいで、まあ無理だとは思っています。
自分の時間を捨ててまで‥‥と思えるような人がいれば別ですが。まあいるわけもなく。

というかそもそも、もはや私がこんな事書く資格も無いですかね。

‥‥‥お互い様、という感想は相変わらずですが、自分の非も今では把握してしまっていますので、別にもはやどっちでもいいです。

って、何書いてんだろ。
ではでは。
posted by TCT at 23:10| Comment(0) | 日記

2008年04月27日

あんまり

あんまりニュースネタばかりだと問題かな‥‥とか思いつつ。
でも一番筆が進むジャンルなのも確かなんですよね。

ニュースを(それも微妙なニュースばかり)扱っていると、色々と賛否両論になってしまうため、悪い感情を生む可能性もあるわけで。
あんまり良くないな、とは思ってます。

----------------------

あるニュースについてどう感じるか、なんてのはその人の自由なのですが、それを文章にして書くとなると話は変わってきます。
いくら言論の自由が保障されているとはいえ、過ぎた言論が不調和を生むのも事実ですので。

もう1つブログ借りてそこに書きまくっても良いんですけど^^; さすがに文章に特徴がありすぎるので無理ですかね。

そんなわけで、独り言を適当につづってみました。
ではでは。
posted by TCT at 23:38| Comment(0) | 日記

夢というか保険というか。

今の仕事にはそこそこ満足しています。
(Windows系の開発が少ないので、あんまり実用性はありませんが。)

でも、いつ何どき、何があるか分かりません。
だから、それに備えて、保険的なものが要るなと、常日頃から思ったりしています。

----------------

私の性格やスキルを考えると、今のところシェアウェア作家ぐらいしか「保険」が思いつかないのが困ったところなのですが、今の仕事をしながらできるのは、これぐらいのものでしょう。
(絵や音楽が創れれば、もう少しいろんな物に手を出せたのでしょうが、あいにくそんなスキルはありません。)

まあ問題は、それに伴うスキルが追いついていない事なのですが。
まあ、よくある「やらなきゃいけないとは思ってるんだけど‥‥」というパターンです。

COBOLばっかりやってるような職場なので、今の職場でのスキルアップはあまり望めません。だから、余暇などを使って自分で学ぶ必要があるのですが。

なかなか‥‥ねえ^^;

Flashとかにも手を広げたりしていますが、なかなかモノになる所まで行かなかったりします。
でも、おそらく(場合によっては、そう遠くない未来までに)何らかのスキルをモノにしておく必要があるわけで。

もちろん、今の仕事がうまく続いてくれれば、別にこんな勉強とかする必要もないのですが、まあ、先のことは分かりませんしね‥‥

とまあ、今思ってることをメモみたいな感じで書いてみました。
これで考えがまとまって前進するかどうかは、また別の話です^^;

ではでは。
posted by TCT at 02:00| Comment(0) | 日記

2008年03月22日

興味とか、消失。

最近、やばいよなぁと思います。

何がやばいかって、昔は色んな事に熱中できていたのに、最近あんまり熱中できなくなっているからです。

まあ、最近仕事が忙しくてなかなか早く帰れない→熱中するための時間が減る→さらに休日もへとへと(もしくは休日出勤)→さらに時間がなくなるので、熱中しても中途半端なまま時間が過ぎてしまう→飽きる

という、なんともヤな感じのフローチャートを辿ってしまうわけです。
まあ、それだけが原因じゃなくて、いわゆる「トシのせい」ってのもあるかもしれませんが。

まだ20代後半とはいえ、色々と老けてくる年頃です。
実際、忙殺されればされるほど、物事に興味を感じにくくなってきています。

考えてみれば、日記を書く回数も減りました。

まあ、いろいろと憂鬱だったせいもあるかもしれませんが。
お陰で最近は、受け身志向の趣味(ゲームとか動画とか)を楽しんでいます。
創造的なものに魅かれることはありますが、「どうせ時間ないし。」「疲れてるし。」という理由で、制作に取り掛かれないのが現状です。

---------------------

ほんと、年だけは取りたくないものです。
せめて時間があればどうにかなるんですけどね‥‥‥今は時間があれば「リラックス」とか「休息」を求めてしまいます。

まあ、平日も休日も、仕事や創作にいそしんでいたら、それこそ心身が疲弊してしまうので、今のような状態も必要なのかもしれませんね。

---------------------

とまあ、書いているうちに答えが出てしまいましたので、今日はこの辺で寝ることにします。
休息を多くとれば、心にも(たぶん)余裕ができて、興味も復活する(‥‥かもしれない)はずですので。

ではでは。
posted by TCT at 01:06| Comment(0) | 日記

2008年03月20日

やたらと何かを書きたい気分。

なのです。

表のほうには、今日すでに日記を書いてしまったので、今日はこっちのほうに書こうかと思います。
と言っても、そんなに大したことは書きませんが。

‥‥ってのもなんかアレなので、今日表に書いたことの補足でも書いてみようかと思います。

まあ正直、あんな病名があるということ自体、知らなかったわけで。
今まで、ずっと視線恐怖か何かだと思っていたのが、実はアスペルガー症候群だったかもしれない‥‥ってのが、ちょっと衝撃でした。
まあ、だからと言って(表でも書いたように)特にそういう症候群的なものを意識しないようにするつもりですが、それでも少しぐらいは意識してしまうでしょう。(まだそう診断されたわけではありませんし、診断されに行く気も今のところ無いですが。)

一応、病理的には、「言外の意味を汲み取ることが苦手」であることが原因で、いろんな症状(視線恐怖や一方的な会話など)が派生しているわけですから、その根源の部分に気をつければ、それなりにマシにはなるわけです。

個人的には、精神系の病気の多くは(素人の考えではありますが)気の持ちようさえ変えれば治るんじゃないか、と思っています。
そのためには、原因を知る必要があるわけで。そして原因が少しでも分かれば、そこから茎を辿って、症状の1つぐらいは潰せるかもしれません。
そういう意味では、この病名を知ったことは、やはり1つの前進なんじゃないかと思っています。(逆に、表に書いたような悪い効果もあるので、それに堕ちないようにしないといけないな、とは思います。)

----------------

何が一番怖いのかと言うと、その「病気」というレッテルにすがってしまう事が一番怖いのです。
たとえば「俺は鬱病だから今日はもう駄目だ、休んじゃえ。」といった事を(本当に休まなければならない時に休むのは全く問題ないのですが)「甘え」によって必要以上に繰り返してしまうとか、そういうのが一番怖いです。

もちろん、実際の患者さんがそういう行動を取ることを否定しているわけではありません。(私は専門家でも鬱病経験者でもありませんので、それに対して文句や助言を言う事はできませんし、すべきではないと思っています。)
ただ、自分がそうなるのが嫌だ、というだけの話です。

----------------------

ちょっと話がそれましたが、アスペルガー症候群にしても視線恐怖症にしても、「そのうち治るさ」では治らないと思っています。
やっぱり何らかの努力が要るんじゃないかというのが、私の考えです。(まあ、それに根を詰めすぎると今度は鬱病になってしまう可能性があるので難しいところなのですが。)

ほんとに、心の病気には、身体の病気と違って白血球のようなものが無いので、自分で心の整理を付けなければなりません。非常に厄介な病気です。

--------------------

‥‥って、話ぶれすぎ。
まあここはそういう場所なので、好き勝手にぶれまくっても良いのですが、一応本題に戻しときます。

正直、何週間か経たないと、心の整理がつかないと思います。
なんと言っても、こういう病気があることを知ったのは一昨日ですから。

まあ、去年のアレに比べれば、精神に負担がかからない分、全然マシなので、まあ気楽にいこうと思います。
病名を知ったところで、生活内容は今まで通り変わらないわけですからね‥‥‥

さて、書いてたらいろいろ満足したので、そろそろ寝ることにします。
最近久々に、世界樹の迷宮Iをやっているので、その事も書きたいのですが、あれは色々とネタバレになるので、まあやめときます。(あれは、どこにどんなFOEが出るか分からないから面白いのであって、FOEの出現場所と名前が分かってしまったら面白さ半減しそうですからね‥‥‥まあ、こういう恐怖はあんまり私の性格に合わないので、たぶん次にRPGを買うとしたら、もっとファンタジックで平和ボケしてそうなのを買うと思います。‥‥って、なんだかんだ言って十分書いてる罠。‥‥っつーか、罠とかいう言葉久しぶりに使いました。)

そんなこんなで訳が分からなくなったところで、寝ます。
ではでは。
posted by TCT at 23:46| Comment(0) | 日記

2008年01月07日

嫌いと苦手と人見知り。

って、似ているようで、全然違うような気がします。

(あくまで私の中での言葉の定義なのですが)「嫌い」というのは、完全にその人と精神的に「ぷっつん」してるというか、もう、自分よりも相手のほうに非がある、というかなり一方的な感情が入っていると思うのです。

一方、「苦手」というのは、どちらかといえば、ただ単に相性が合わないだけ、という気がするのです。
完全に相手が悪い、と見なす「嫌い」と違って、ただ自分と合わないだけ、もしくは、何らかの理由があって近寄らないようにしているだけ‥‥‥そんな感じがします。

「人見知り」に至っては、全然敵対的な雰囲気ではなくて、逆に相手との関係を悪化させたくない、もしくは万が一危害を加えられたらどうしようという、保守的・防衛的な感情がはたらいています。
特に、相手との関係を悪化させたくない(悪化させたらどうしよう)という理由による人見知りには、(一方的な)親切心すら見受けられます。

----------------------------

なぜこんな事を書くのかというと、まあ職場に「苦手」な人がいるからなのですが、私個人としては、別に「嫌い」ではないのです。
別に、その人の言動に気に入らない所があるわけでもないし、その人に危害を加えられたわけでもありません。
私の考えとは合わないところはありますが、別に「考え方は人それぞれ」で済ませられるレベルです。

ただ、「苦手」なだけなのです。人見知りに近い部分も、あるかもしれません。

でも、嫌いではないのです。
‥‥その辺のニュアンスが妙に印象に残ったので、こんな事を書いている次第なのです。

-------------------------

ちなみに、世の中には、すぐに他人を「嫌い」になる人がいます。
大人の世界にも、そういう人はたくさん居ますし、むしろ大人のほうがタチが悪かったりします。

まあ、他人を嫌いになるのはその人の勝手なので、別に目くじらを立てる気もありませんが、損してるなぁ、という気はします。
(まあ、あれこれ考えて悩むよりは、「嫌い」の一言で片付けたほうが、気がラクなので、そういう生き方もアリだと思っています。その人の悪口を言いまくって、他の関係のない人にまで迷惑をかけるのはどうかと思いますが。)

--------------------------

なんだかやたらと子供っぽい文章になってしまいましたが、まあ例によって気にしない事にしておきます。
ではでは。

追伸:風邪かノロのウイルスにやられたっぽいです。どちらにやられたのかは分かりませんが、お腹の調子が非常に悪いです。
posted by TCT at 22:00| Comment(0) | 日記

2007年12月25日

不満の表明のしかた。

僕だって、それは難しいと思う。
特に男女間に於いては。

不満を言って、相手が気を使ってくれるのは、「言われたからやっているだけ」であり、それでは女性側は嬉しくない。できれば、向こうからすすんで(ひとりでに)自分の不満に答えて欲しい。

そういう気持ちはなんとなく理解できるのだが、だからといって、不満を口にしなかったり、もしくは、「不満がある。という事」しか言わないのは、駄目なような気がする。
何が不満なのかも分からないので、動きようがないと言った方が良いだろうか。

もし、相手が鈍感な事が原因による「不満」なら、口で言わない限り、絶対に相手は気付いてくれないだろうし、それ以上に厄介なケースだってある。
もし、その不満が相手にとって「応えてあげたいけど、事情により無理/難しい」といった原因の場合、不満を口にしてしっかり話し合わないと、解決はできないと思う。

もちろん、話し合いで解決できない相手なら話は別だろうけど、話して分かる相手なら、それで良いんじゃないでしょうか。

などという事を、突発的に(フラッシュバック的に)思い出してしまったのでした。
ではでは。

※ 追伸
この文章を書いている時に、ふと「僕自身も不満を積極的には口に出さなかったんじゃないだろうか?」という事を思ってしまいました。
不満が口に出るようになった頃には、もう手遅れだという言葉をどこかで聞いたような気もします。
ということは、こうするしかないのでしょうか?
・感覚を磨き、相手の不満をキャッチできるようにする。
・普段から小さな不満でも言い合えるような仲になる。
まあ、それには元から、それなりの「愛」をはぐくんでおく必要があるのでしょうけど。
‥‥ムズカシイものです。
posted by TCT at 08:14| Comment(0) | お知らせ