2008年01月07日

嫌いと苦手と人見知り。

って、似ているようで、全然違うような気がします。

(あくまで私の中での言葉の定義なのですが)「嫌い」というのは、完全にその人と精神的に「ぷっつん」してるというか、もう、自分よりも相手のほうに非がある、というかなり一方的な感情が入っていると思うのです。

一方、「苦手」というのは、どちらかといえば、ただ単に相性が合わないだけ、という気がするのです。
完全に相手が悪い、と見なす「嫌い」と違って、ただ自分と合わないだけ、もしくは、何らかの理由があって近寄らないようにしているだけ‥‥‥そんな感じがします。

「人見知り」に至っては、全然敵対的な雰囲気ではなくて、逆に相手との関係を悪化させたくない、もしくは万が一危害を加えられたらどうしようという、保守的・防衛的な感情がはたらいています。
特に、相手との関係を悪化させたくない(悪化させたらどうしよう)という理由による人見知りには、(一方的な)親切心すら見受けられます。

----------------------------

なぜこんな事を書くのかというと、まあ職場に「苦手」な人がいるからなのですが、私個人としては、別に「嫌い」ではないのです。
別に、その人の言動に気に入らない所があるわけでもないし、その人に危害を加えられたわけでもありません。
私の考えとは合わないところはありますが、別に「考え方は人それぞれ」で済ませられるレベルです。

ただ、「苦手」なだけなのです。人見知りに近い部分も、あるかもしれません。

でも、嫌いではないのです。
‥‥その辺のニュアンスが妙に印象に残ったので、こんな事を書いている次第なのです。

-------------------------

ちなみに、世の中には、すぐに他人を「嫌い」になる人がいます。
大人の世界にも、そういう人はたくさん居ますし、むしろ大人のほうがタチが悪かったりします。

まあ、他人を嫌いになるのはその人の勝手なので、別に目くじらを立てる気もありませんが、損してるなぁ、という気はします。
(まあ、あれこれ考えて悩むよりは、「嫌い」の一言で片付けたほうが、気がラクなので、そういう生き方もアリだと思っています。その人の悪口を言いまくって、他の関係のない人にまで迷惑をかけるのはどうかと思いますが。)

--------------------------

なんだかやたらと子供っぽい文章になってしまいましたが、まあ例によって気にしない事にしておきます。
ではでは。

追伸:風邪かノロのウイルスにやられたっぽいです。どちらにやられたのかは分かりませんが、お腹の調子が非常に悪いです。
posted by TCT at 22:00| Comment(0) | 日記